今、伝えたいこと・・・

今日の記事は

2019年1月20日時点での

中学3年生、高校3年生の皆様がお読みになる際は

ご注意ください…

ご理解、ご覚悟、ご了承の上でお読み下さい

m(_ _)m


高校3年生はセンターが終わり

中学3年生は(新潟県では)そろそろ私立の入試が目の前に来たり

公立の入試もそろそろ現実味を帯びてきて

来月には最後の最後の模試も控えている

そう

「いよいよ」って時期に入ってきました

以前から申し上げているように

このくらいの時期になって

ようやく「国語」という教科の本質が見えてくる学生が

一気に増えてきます…

恥ずかしながら…いすぽん国語を受講してくれている人でも

そのような学生もいるのが現実です…

これは毎年の反省&課題材料です…

ごめんなさい

・・・

この時期に国語の本質が見えてくるというのは

それまで「なんとなく」とか「感覚」でやってきた人たちが

いよいよ入試だって感じで

ある意味「ちゃんと」国語に取り組み始めたりするってことが背景にあって

そうすると…

それまで「なんとなく」できてた感じだったのが

どんどん自信がなくなって、あれ?あれ?って

以前も書いたけど

「あれも、これも答えっぽい」感じになったり

簡単に言うとさ

「実は、まったく理解できてなかった自分」というものに気がついちゃうんだよね

一気に混乱して

で、そんな自分に直面した瞬間に、他の教科も降下したりして

いや、だってさ

国語=日本語 が論理的じゃないんだもんね…なんとなくなんだもん

全教科についても

問題の精度も難易度も上がって行けば、問題文の難易度も上がるし

問題そのものの論理的難易度も上がるから

知識があっても、問題を理解できない…って状況にもなるよね…

とか、そんな感じの「もともとあった大問題」が

一気に表に出てきて…そこにさらに「もともとあった不安と焦り」が

一気に表に出てきて…泣いちゃったりするレベル…

でも、泣いてもわめいても

どれっだけ真剣にやっても、寝ずにやるって決めても

入試までの「時間的な制約」があったりするから

できることは限られる…


まださ

「論理的思考」があれば…

あとは、可能な限り知識を詰め込んでしまえば…

なんとかなる場合も決して少なくないよね

でも、それが無いと…なかなか難しいよね…

この時期になると

いすぽんに対しても、他の教師に対しても

真剣になって、いろんなことを聞いてくれたりして

って状況になったりするけど…

国語的には…

めっちゃ遅い…

今らかだと…奇跡以上の奇跡が起きないと…根本的な解決は不可能だよね…

できることは

一般的な塾でやってる、一般的な「統計学的」な国語の確認くらい…

そこに「根拠」なんて求められない…

本気で答えの「根拠」なんて求めたら、一気に崩壊してしまいかねないからね…

・・・

高校入試は…それでもなんとかなる…かもしれない

あ、でも、新潟県の筆頭Bって言われる入試は

今からだと基本的に対応は…ね…

よっぽど土台の論理的思考がキッチリしてれば

なんとか…いけるかもだけど…それでもかなり…難しい…

だからさ

国語って

本来必要な期間って「年」なんだよね…

1年、2年

そんなレベルの時間が必要…

特に高校生の場合は、継続的に数年必要…

1年以内でなんとか…ってなると

よっぽどの精度と濃度と継続性が必要…

学校の定期テストをなんとなく頑張る感じだと…到達するのはほぼ…ね…

最後にたとえ話を書いてみるね

・・・

大きな船の底には亀裂が入っていて、ゆっくり浸水し続けていて、このままだと沈んじゃう感じなの

そこで、その事実を知っている人と、知らない人で分かれるとするとさ

A:知ってる人は、いすぽん国語を受けて、国語の事実を知っている人

B:知らない人は、国語なんてテキトーに感覚でOKじゃんって思っている人

でさ

知った人の中でもさ、いくつかに分かれるんだよね

①「え?ヤバイじゃん」って素直に信じちゃって、対策をし始める人

②「へ~」って言って、一応聞いてみたけど、ま、まだ余裕あるっしょって感じで、目の前の楽しいことこそ大切って感じになる人(笑)

③「はいはい、そうやって不安がらせて、勉強させようとするよね」って感じで、ス~って話が抜けていってしまう人…

とかって感じね

①はそのまま対策をし続ける感じ

②は人によって違うけど、それぞれの時期で気がついていく感じ

③は、幸運だったり、プライドって言う名の羞恥心を払拭できれば、早めに対策ができるかもしれない…

実際②が多くて、③もいて、①はまだまだ少ないかな…

で、B:の船が沈んでいくことなんて知らない人…はさ

本気で沈み始めて、やっとその状況に気がついて

大パニック…

どうすれば助かるのかも分からないし、どう行けば良いのかも

どこが正しい場所なのかもわからない…

それが

そして、ここから1ヶ月半くらいの状況…

もちろんさ、B:の人でも、助かる人もいれば、A:の人でもそうじゃない人もいる

それでも

この例えって、決してテキトーに言ってる内容でも

まったく当てはまらない内容でもないよね

実際、今、こんな感じの思いをしている人にとっては

紛れもなく、命にかかわる問題のように感じられるだろうからね…

だからさ

この文章を読んでいる人には自信を持って言えるけど

これ

事実だからね

1年後、2年後、悔いて思い出しちゃダメだよ

本当に…


( ゚∀゚)・∵. グハッ!!


運呼

いすぽん  国語教室

いすぽん国語の教室です 心から真剣にふざけてまいります 宜しくお願いします